スポンサーサイト
2018.02.26 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
    Free&Easyヨーロッパ 列車の旅 プラハ・ウイーン6日間(日本旅行 BEST) 1日目(2007/11/21)
    2007.11.26 Monday 17:26
    JUGEMテーマ:旅行


    2007年11月21日〜11月26日まで、プラハ・ウイーンへ行って来ました。
    本日、無事帰国しました。
    忘れないうちに、旅行記をいくつかに分けて書きたいと思います。

    でんしゃ1日目:11/21(水)
    出発日に思わぬアクシデントがあせあせ
    8:43発のスカイライナー11号に乗る為、日暮里駅に降り立つと、スカイライナーが運休とアナウンスが!8:29特急成田空港行きに乗って下さいと言われました。
    特急料金を返却され、ホームに行くとかなりの混雑。
    ゆったり座って行くはずだったのに。。。
    とりあえず電車に乗り、青砥辺りで、八千代と佐倉間が運休なので、船橋でJRに乗り換えて下さいと車内アナウンスが。
    スーツケースあるし、飛行機の時間もあるしで、どうしようかと思っていると、復旧したとアナウンスが流れ、車内全体に安堵の雰囲気が流れるとすぐ、やはり八千代と佐倉間が運休なので、次の船橋駅でJRに乗り換えるようにと再度アナウンスがむかっ
    振り替えキップを行列に並んでもらい、JR線の成田空港行きは1時間に1本というのを、昔良く利用していたので知っていた私は、一抹の不安を感じながら、JR船橋駅に移動しました。
    予感は的中爆弾成田空港の集合時間が9:50なのに、JR船橋から成田空港行きの電車が9:42までないのです。30分以上船橋駅で足止めです。
    とりあえず、友達にケータイ連絡して、受付を済ませてもらったら、10:50が飛行機の手続きの最終締め切りとのこと。船橋から1時間なので、ギリギリ間に合いそうなのですが、係りの人に急いで来てくださいと直接電話口で言われ、かなりドキドキジョギング。私の他にも京成線には、スーツケースの人達がいたのですが、皆さんどうだったんでしょう?
    私の後ろに並んでいる人達は、11:05発の飛行機だったみたいで、携帯で連絡したら、もう乗れないと言われてましたが、とりあえず空港に行って、次の便で出発するかどうか決めるようでした。スカイライナーが運休になったせいで、旅行が行けなくなるなんて酷いですよね。一応、ツアーだと飛行機の2時間前集合になっていて、いつも早すぎるんじゃないかと思ってましたが、こういった時の為なんでしょうね。
    JR線も結局座れず、成田空港に着いて、スーツケースを引っ張りながらかなり走って、旅行会社のカウンターではなく、直接、航空会社のカウンターに直行して、ギリギリ間に合いましたひやひや

    そんなこんなで、無事、オーストリア航空0052便11:50発ウイーン行きの飛行機飛行機に乗ることができました。
    今回の飛行機は、座席にモニターがあったので、映画「幸せのレシピ」、「ハリーポッター」、「スパイダーマン3」を観たり、ゲームをしたりして過ごしました。
    やはり、モニターがあると良いですね。
    乗って少しすると、機内食(お昼)が出てきました。
    ランチ
    本日のメニューは、ガーデンフレッシュサラダ、おそば、メインは、魚をチョイス。
    サーモンの西京焼?(misoって書いてありました)みたいな感じでした。デザートは、マンゴームース。

    降りる直前に、軽食が出ました。
    軽食
    チキンシーザーサラダ、チョコレートケーキ。

    無事、乗り継ぎ地ウイーンに現時時間15:30頃到着。16時予定だったので、少し早く着きました。
    でも、次のプラハ行きの飛行機が19:35発なので、かなり空港で時間をつぶさなければならない事に。
    なんとか時間が過ぎ、プラハに向う飛行機19:35発OS0711便に乗る為、A47ゲートへ向かうと、出発が遅れ20:05発になるとのこと。
    またまた、待たされる事に。

    機内食
    プラハまでの1時間のフライトでパンと水が出ました。
    そんなこんなで、結局プラハに着いたのは21:15でした。
    空港では、係員がボードでお出迎えしてくれ、ベンツに乗って、プラハでの宿「アンデルズ ホテル」へ。

    アンデルズホテル次の日の朝に撮りました。
    このホテルは、2002年6月オープンのデザインホテルで、英国の建築家JesticoとWhilesによってデザインされたんだそうです。プラハの街には、そぐわない感じの近代的なホテルですね。
    208号室ということで、2階にあがろうとエレベーターに乗ったら、階数ボタンがなかなか押せなくてエレベーターが動かず、どうしたものかと思っていたら、親切な方に、カードキーを挿してから、階数を押すと教えてもらいました。
    セキュリティもバッチリですね。
    お部屋洗面所

    お部屋全体がモダンな感じでなかなか良いです。
    洗面所は、シャワールームとトイレがガラスで仕切られていて、バスタブも洗面所に別にあります。
    ちなみに、テレビでは日本のチャンネルもありました。基本はNHKみたいですが、「ガリレオ」がもうすぐやると予告やってました。
    この日は、おふろに入りすぐに眠りにつきました眠たい

    2日目その1へ続く→コチラ
    0
      | 20050803 | 旅行記:プラハ・ウイーン編(2007/11/21〜11/26) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      2018.02.26 Monday 17:26
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        トラックバック機能は終了しました。
        Search
        Profile
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        LoungeH The first impression(DVD付)
        LoungeH The first impression(DVD付) (JUGEMレビュー »)
        TEAM H(チャン・グンソク&BIG BROTHER)
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Category
        Archive
        Latest Entry
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Links
        Admin
        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        ブログパーツ








        【楽天市場】フード・ドリンク・ワイン



        FLAG
        free counters
        Sponsored links
        Mobile
        qrcode
        無料ブログ作成サービス JUGEM